主な記事

基礎知識:決算書

決算書の役割は、経営判断を助けてくれるツールであるとともに、
会社に関係のある機関に、会社の経営成績や財政状態を情報開示することにあります。 

基礎知識:月次決算

月次決算について、きちんと理解していますか? 月次決算の目的、メリットなどなど。。。

基礎知識:キャッシュフロー経営

キャッシュフロー経営とは、「利益を現金で残す」経営です。
では、なぜキャッシュフローが起こるか、キャッシュフロー経営を実現するには
どうしたらいいか、知っていますか?

基礎知識:財務分析

財務分析とは、決算書をベースに勘定や数字を組み換えて、経営の問題点を発見する手法です。
優れた経営には「決算書における科目間の絶妙なバランス」なるものが存在します。。
健全な経営のためにも、財務分析でこのバランスをチェックする必要があります。

基礎知識:変動損益計算書

経営判断のために、費用を「固定費」と「変動費」に分けて作成した「変動損益計算書」が経営に役立つ情報を提供します。
変動損益計算書からわかることは。。。


基礎知識:月次決算

月次決算とは、毎月決算をすることです。
そして、「決算」とは以下を明らかにすることです。

・一定期間の企業の経営成績
・特定日の企業の財政状態

【月次決算の目的】

月次決算で「会社の利益を知る」ことの目的は以下に尽きます。

1.問題点を見つける
2.将来の利益を管理する
3.社内で問題意識を共有する
問題点を見つけるためには、全体を見る必要があります。
そのためにも利益の金額を細かく分析していく必要があるのです。

【月次決算のメリット】

月次決算を行うと、数ヶ月先の利益まで高い精度で管理できます。
具体的には、経営計画との対比チェックを行って問題点を見つけ出すこと、そして対策を考えることで管理ができます。

「いつがベストな投資時期で、どれだけ費用を使えるか」が徐々にわかってきます。
故に、自信を持って手が打てるようになります。

又、続けることによって、利益の傾向が見えてきます。
すると、高い精度で最終利益を予測できます。
このことにより、ゆとりを持って節税対策ができるのです。
さらに銀行対策としてはこれ以上のものはありません。
律儀に4半期毎の月次決算書を銀行に渡してください。信頼性は一気に上がります。

最終利益を「赤字」にするのがまずい場合、早めに赤字対策を行うことができます。
これも月次で資金管理をしているからなせる技です。

pickup

iPhoneに関する比較サイト【iphone修理屋ウェブ】

2017/8/18 更新

Copyright(C) 会計事務所どこにする? all rights reserved.

都道府県別


北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
富山
石川
福井
山梨
長野
岐阜
静岡
愛知
三重
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄