主な記事

基礎知識:決算書

決算書の役割は、経営判断を助けてくれるツールであるとともに、
会社に関係のある機関に、会社の経営成績や財政状態を情報開示することにあります。 

基礎知識:月次決算

月次決算について、きちんと理解していますか? 月次決算の目的、メリットなどなど。。。

基礎知識:キャッシュフロー経営

キャッシュフロー経営とは、「利益を現金で残す」経営です。
では、なぜキャッシュフローが起こるか、キャッシュフロー経営を実現するには
どうしたらいいか、知っていますか?

基礎知識:財務分析

財務分析とは、決算書をベースに勘定や数字を組み換えて、経営の問題点を発見する手法です。
優れた経営には「決算書における科目間の絶妙なバランス」なるものが存在します。。
健全な経営のためにも、財務分析でこのバランスをチェックする必要があります。

基礎知識:変動損益計算書

経営判断のために、費用を「固定費」と「変動費」に分けて作成した「変動損益計算書」が経営に役立つ情報を提供します。
変動損益計算書からわかることは。。。


基礎知識:キャッシュフロー経営

        

 キャッシュフロー経営とは、ひと言でいえば、「利益を現金で残す」経営です。

難しく言えば「営業活動によるキャッシュフロー」の範囲内で、設備投資や借入を行いましょう、ということです。

本業での現金の儲けである「営業活動によるキャッシュフロー」よりも、設備投資に多くお金を使ってしまった、ということは、その分の現金が不足するということなのです。

不足分は貯金で補いますが、それでも不足するならば、借入をしなければなりません。
でも、できるだけ借入れリスクは避けたいものです。

キャッシュフロー経営とは、キャッシュが減ってしまうリスクをできるだけ避ける経営をする、という考え方です。

もし、借入れを行うのであれば、年間の借入返済金額が、必ず営業活動によるキャッシュフローの範囲内に収まるようにしてください。

借入金の返済が、営業活動によるキャッシュフローを超えてしまうと、結局、現金が減るか、最悪の場合、また新たな借入れによって返済をしなければならないのです。

なぜキャッシュフローが起こるか

  それは、通常、商売とはお金を払って商品を仕入れ、その商品を販売して代金を回収し、 それによって、「いくら儲かったのか?」を判断するのですが、 会計上での売上は、販売時に計上されるところにあります。
本来は現金で仕入れて、その場で現金販売すれば、会計上の利益と現金の動きはピッタリ一致しますが、 買掛けによる仕入や、売掛けによる販売は、これが一致しなくなります。これがキャッシュフローが起こる主な要因です。
まして、売掛金の回収が手形だとなおさら合わなくなってきます。

キャッシュフロー経営を実現するには

 「利益を増やす」に尽きます。 利益が増えなければ現金が増えることは絶対ありません。 加えて、運転資金をできるだけ抑える、ことを意識します。 売上債権、棚卸資産、買入債務の回転期間をコントロールできるようご指導します。 すると、利益を早く現金化することの大切さがわかってきます。 運転資金のチェックポイントは、月次決算で行うことで、社長自らが理解できます。
 

check

エキサイト
http://www.excite.co.jp/
ipadの修理を大阪で依頼
http://www.castle-iphone.com/

Last update:2014/10/2

Copyright(C) 会計事務所どこにする? all rights reserved.
Powered by Movable Type 3.34

都道府県別


北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
富山
石川
福井
山梨
長野
岐阜
静岡
愛知
三重
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄